Les parties d'Iaito

  • Hamon

  • 刃紋は刀工が焼入れをして鋼をいっそう鋭利にした部分を言います。
  • Le Hamon sur les Iaito est présent pour des raisons purement esthétiques et n’a aucun effet sur l’utilisation de l’arme. Sur les Shinken (Katana), il résulte d'une trempe sélective et sa qualité dépend fortement de la forge. Le Iaito étant en aluminium, il ne peut pas être aiguisé, le Hamon est fabriqué en le ponçant à l'aide d'un pochoir. Dans la même catégorie de Hamon (par exemple : Notare, Midare), l’atelier possède des dizaines de pochoirs, tous légèrement différents, de sorte qu’il n’y a que très peu de Hamon identiques.
  • Hi

    • Hi
  • Habaki-Seppa

    • 刀の鍔(つば)の表裏が、それぞれ柄と鞘に接する部分に添える薄い金具のことです。 切羽は鍔の表裏にはめてしっかりと動かないようにする働きがあります。
  • Tsuba

    • 刀身と柄の間に装着されている部分で柄を握る手を防御する役割があります。平安朝の末期頃までは鉄製・銅製でしたが、 平安朝末期頃から吉野朝初期にわたっては、ほとんどが革の鍔鐔となりました。これは獣類の皮を数枚張り合わせ平板のようにしたもので、 鉄や銅製品に比べ弾力性に富み、また体裁もよく、戦にも充分に耐えられたためです。しかし、革鍔は長い間には風化し継ぎ合わせ目が剥がれたり虫喰が生じやすいので、 吉野朝初期頃から戦国末期までの武士用は全部鉄製となっています。
  • Tsukasame

    • 刀の柄(つか)・鞘(さや)を巻く装飾に用いるほか、靴を作ったり、物を磨くのに用いられています。刀に用いられるサメとは学名を「トリゴン・セフェン」というアカエイの一種です。 通常、柄巻に使われるのは、このトリゴン・セフェン(カイラギザメ)の突起部分です。
  • Fuchi-Kashira

    • 柄の鍔側に付ける金具を「縁」と言い、刀の柄の先の部分。また、その部分を覆う金具を「頭」と言います。両者を合わせて、縁頭(ふちがしら)と呼びます。
  • Menuki

    • 当初は目釘のことを指し、のちに柄の外にあらわれた目釘の鋲頭(びょうがしら)と座が装飾化されてその部分をさすようになり、 さらに目釘と分離した飾り金物として柄の目立つ部分にすえられるようになった。目貫の「め」は孔の意味がある。本来は目釘の事であり、目釘の頭部が装飾化され、 後にその目釘と、頭部の飾り金具とが分かれました。目釘として用をなすものを真目貫ともいい、飾り金具である目貫を空目貫とも言います。
  • Tsukaito

    • Hi
  • Saya

    • 刀剣類の刀身の部分を納めておく筒のことを言います。 刀室(とうしつ)とも呼ばれます。鞘は上代では佐比(さひ)と呼び、その後太刀を入れる屋(やね)という意味で比を屋に改め「サヤ」と呼ぶようになりました。 鞘に漆を塗り始めたのは何時の頃か詳らかではありませんが、聖武天皇の命で鞘に黒漆を施し、 これに金や銀を用いて蒔絵をした太刀を、次の孝謙天皇が奈良の東大寺に寄進されたものが現存し、同寺に秘蔵されています。
  • Sageo

    • 刀を帯びる際に、鞘が飛び出さないように結び付けるための紐です。昔は刀剣を結びつける紐でしたが、後世には一種の装飾品となりました。 下緒は絹糸でよく手編みされ、色合いも好みにより色々あり、また皮製のものもあります。 徳川時代には石取り以上の武士は外出する際に下緒を長く垂らし、足軽などは下緒を刀に巻きつけることが作法とされていました。 また、非常時の際には下緒を襷(たすき)の代用に出来るような長さに工夫されています。